ライオネル・フレンド/英国王立音楽大学&ギルドホール音楽院教授/オペラ指揮者から習う声楽家のためのオペラ演劇と音楽

オペラに必要な演技力と音楽力を身につけよう!

オペラを専門とする指揮者が声楽家のために、オペラの演技法とミュージカル(音楽)を指導。今、プロ・オペラ業界に求められている、演技的アプローチと音楽的アプローチを公開。オペラ歌手になるなら知らなかったではすまないかも?

「ライオネル・フレンドは見事にテンポを判断し、常に重要なドラマの瞬間を引き立てる。作品に対する彼の深い知識により、歌手とオーケストラの間に素晴らしいアンサンブルが生まれた。」オーストラリアの新聞に掲載された一文だ。ロンドン生まれの指揮者ライオネル・フレンドは、英国王立音楽大学を優秀な成績で卒業。指揮法を追求する彼は、サー・コリン・デイヴィスなどの名指揮者に師事すると、オペラ指揮を極めようとロンドン・オペラ・センターで学び、ウェールズ・ナショナル・オペラ「椿姫」でデビュー。グラインドボーン音楽祭のオペラ指揮・合唱指導者として腕を振るい、オペラ指揮者としてのキャリアを開始する。ドイツ・カッセル州立劇場でカペルマイスター(指揮者)を務めると、ロンドンに戻り、13年間、イングリッシュ・ナショナル・オペラで、デヴィッド・ブレイク「配管工の贈り物」世界初演を含む30以上の作品を指揮。ドイツ・バイロイト音楽祭では、ダニエル・バレンボイムのアシスタントに抜擢され、シカゴ交響楽団との大規模モーツァルトプロジェクトに参加。イギリス、ドイツなどヨーロッパやアメリカなど世界中でオペラを指揮するスペシャリストだ。指揮者としての才能を認められ、サイモン・ラトルの招きでバーミンガム市交響楽団を指揮した他、フィルハーモニア管弦楽団、フランス国立管弦楽団など多くの交響楽団と公演を行い、数々のCDをリリースしている。エジンバラ音楽祭、ドレスデン音楽祭など世界の音楽祭からも招待され指揮している。教育者としても熱心で、若い歌手や指揮者のためのブリティッシュ・ユース・オペラで音楽監督として携わり、現在は、英国王立音楽大学教授およびギルドホール音楽院客員教授として、オペラに必要な音楽的指導を歌手に対して行っている。声楽家では教えられない、オペラ歌手として必須な演技力とミュージカルを手に入れよう。



日本にいながら、お客様のお住まいの地域を問わず、世界的指揮者兼ボーカルコーチであり、イギリス・英国王立音楽大学&ギルドホール音楽院教授ライオネル・フレンド先生の声楽レッスンが可能です。1〜2回程度先生とトライアルレッスンを行い、相性が合えば、先生のクラス(門下生)としてレッスンを開始しましょう。公開レッスンを受けた方は、単発イベントの公開レッスンと比べて、クラス生(門下生)ならではのレッスンの深さが実感できるはずです。以下2コースの受講が可能です。
●海外音楽大学/音楽院の受験準備オンラインレッスン
●通常の音楽オンラインレッスン(コンクール準備やブラッシュアップ等)

※入会金は1年間有効です(1年以上連続して受講する場合は、再度の入会金は不要となります。)
※アンドビジョン専用スタジオは、インターネット回線(LAN)、マイク、アンプ、スピーカー、ミキサー、映像スクリーン/モニター、ソフトウエアが完備され、スタッフがお客様をサポートいたします。
※遠方や感染予防など、お客様のご希望により、ご自宅でのオンラインレッスン受講も大歓迎です。


■海外音楽大学/音楽院の受験準備オンラインレッスン■


日本にいながら、お客様が希望する海外音楽大学/音楽院の先生と受験準備を行います。受験準備レッスンは、曲目の選定および受験までに曲を仕上げていきます。レッスン回数にもよりますが、一般的には、仕上げまでに最低でも3ヶ月程度、通常は6ヶ月以上が必要です。また、最終チェックは現地で生の音で、直接レッスンを受ける事が望ましいです。海外音楽大学/音楽院の受験は、オンライン受験や録音審査となる場合もありますのでオンラインで音楽や会話を伝達する事に慣れることも重要です。

・日本と同様、海外音楽大学/音楽院受験には、各音楽大学/音楽院所属の教授がそれぞれ詳しいです。
・海外の音楽大学/音楽院の受験曲は、個別に指定されているわけではなく、時代毎などの大まかな指定が多く、教授との曲目選定は非常に重要です。自分のパーソナリティにあった(あるいは全く異なる)曲の選曲と演奏が、他の受験者と差別化し、審査官に好印象を残せるからです。外国人の受験者も考慮して、先生は、受験曲を推薦(選定)することがあります。例えば「この曲の選定だと、〜の人と違いを見せれないから、こちらの曲(楽章)にすれば、審査官は、あなたがいろいろな表現を持っている事が分かるから、こちらにしてはどうですか?」など。
・先生は門下生に対して「合格するには?」を目的としてレッスンが行われますので、通常、合格率は上昇します。例えば「試験官は、この弾き方だとクラシックを知らないと思われるから、修正してください」などの指摘が行われます。
・レッスンの回数は、原則として「現時点から受験までの期間」「お客様の現時点のレベルと受験時に必要な合格レベル」を踏まえ、教授と話し合って決めてください。1年以上など期間が長ければ長いほど余裕を持って受験に臨めます。


■通常の音楽オンラインレッスン■


コンクール準備、オーケストラオーディション準備、コンサート準備、日々のレベルアップ、ブラッシュアップ、趣味など、お客様の目的や目標に合わせてレッスンを受講してください。クラス生(門下生)だから、先生は、どこまでも親身になって目標達成に導き、音楽の素晴らしさを教えてくれます。ぜひ先生と一緒に目標を目指してください。先生が来日する時は、門下生だから一番に相談に乗ってくれるはずです。

・レッスンは、1ヶ月に2回、2ヶ月に1回、1週間に1回、半年に1回などご希望をお聞かせください。


■ 受講資格 ■

熱心ならどなたでも受講可能です。

■ 料金 ■

毎月1回(年12回)の場合:290,280円 (319,308円税込)

■ 料金に含むもの ■

入会金、プライベートレッスン料(60分/回)、施設使用費およびシステム使用料

■ 料金に含まないものの一部を明示 ■

ピアノ伴奏費、日本語通訳費、自由行動中の一切の個人的費用、消費税など

■ 料金・日程補足 ■

●アンドビジョンのスクール会員の方は、入会金は不要です(金額から差し引かれます)
●レッスン回数は、1ヶ月に2回、2ヶ月1回などご希望をお聞かせください。
●年間6回以上のレッスンをご希望の場合は、レッスン時のアンドビジョンホール等施設使用費およびシステム使用料が割引(無料)となります。
●通訳、伴奏をご希望の方は、別途お申込いただくことが可能です。
●事前にレッスン時間の調整をさせていただきます。

■ 申込締切日 ■

定員になるまで
●申込締切日以前でも、定員になり次第締め切らせていただきます。
●申込締切日以降でも、コースに空きがある場合は申込み可能な場合がありますのでアンドビジョンカウンセラーまでお問い合わせください。

■ 注意事項 ■

●ご自宅で受講の場合、インターネットのスピードの影響を受ける場合がありますので予めご了承ください。
●アンドビジョンホール等、アンドビジョン内でレッスンを受講される場合、インターネット回線(LAN)、複数カメラの使用、大画面スクリーン/モニター、ミキサー、スピーカー、スタッフサポートなどがあります。
●曲目は2週間前までにお知らせください。
●講師用の楽譜を5日前までにご送付ください。
●ピアノ伴奏者が必要なレッスンの場合は、ご自身でご用意下さい。オプションでアンドビジョンでご用意する事も可能です。