カルロ・バルザレッティ/イタリア州立ガッララーテ音楽院"ジャコモ・プッチーニ"校長/ピアノオンライン公開レッスン

イタリア複数の州立音楽院校長を歴任する、大御所ピアニストに学ぶ/2022年1月11日(火) 最大4名限定

肩から指先まで完全に脱力し、歌うように弾くテクニック。イタリアを代表する2つのピアノ流派を伝える数少ないピアニスト、バルザレッティのレッスン。

カルロ・バルザレッティは、イタリア・ピアノ界の大御所だ。東日本大震災の直後に発表された「被災者へ捧げるピアノ組曲」は記憶に新しい。10才でデビューし、13才で国営放送に番組を持っていた。その後、名門州立ミラノ・ヴェルディ音楽院において、音楽学理、人文学、指揮法を学び、ピアノ科と作曲科を最高の成績で卒業。以来、数々の国際コンクールで受賞。ワシントンポスト紙も、彼の演奏を「類稀なテクニックと作曲家の意図を的確に捉えた表現」と絶賛。このような幅広い演奏活動と共に、19才で州立音楽院の教授となって以来、世界中のマスタークラスで教えるなど教育者としても活躍。その著作は教則本として、イタリア中の音楽教育機関で愛用され、イタリア州立ブレーシャ音楽院校長、イタリア州立コモ音楽院校長を得て、現在ミラノ近郊マルペンサ空港の近くの街、イタリア州立ガッララーテ音楽院"ジャコモ・プッチーニ"校長を務めるベテランだ。レッスンでは、作曲家目線の分析から、オーケストレーションの説明まで、詳しく解説してくれる。彼のレッスンが特別なのには、他にも理由がある。それは、彼がリスト直属の弟子に師事したビドゥッソと、アンフォッシ派の流れ受け継ぐモッツァーティという、イタリアを代表する二流派の教えを継承していることだ。プレンシリタ(指先が鍵盤をつかむ力)と腕や肩の脱力法、ペダリングのテクニック、イタリアならではの”歌うように弾く”カンタビリタ”。この貴重な財産ともいえるピアノ演奏法を、自らが見せながら教えてくれる。室内楽の経験も豊富なため、デュオ、トリオ、カルテットなどの様々な裏技を聞けるのも魅力。



イタリア州立ブレーシャ音楽院"ルカ・マレンツィオ"や州立コモ音楽院"ジュゼッペ・ヴェルディ"校長を歴任し、現在、イタリア州立ガッララーテ音楽院"ジャコモ・プッチーニ"校長カルロ・バルザレッティ先生のピアノオンライン公開レッスンが、2022年1月11日(火)に開催決定!

東京・御茶ノ水のアンドビジョンホールまたはお客様のご自宅等から限定人数で、カルロ・バルザレッティ先生の直接指導を受けられます(オンライン聴講もあり)。イタリア留学で、ピアノ留学を考えている方は、留学への足がかりを掴むことができます。留学先を決定する上で、イタリア州立ブレーシャ音楽院"ルカ・マレンツィオ"や州立コモ音楽院"ジュゼッペ・ヴェルディ"元校長で、現在もイタリア州立ガッララーテ音楽院"ジャコモ・プッチーニ"校長のレッスンは一つの目安になることでしょう。教授は喜んで日本のみなさんと様々な音楽を共有したいと願っています。特別に年齢やレベルを問わず、どなたでも受講が可能です。特に「ピアノ留学を考えている方」「コンクール・オーディション準備」「レベルアップ」「純粋に音楽が好きな方」などには最適でしょう!ぜひこの機会をお見逃しないように!時差の関係上、超・限定人数での開催です。
※レッスンを公開されたくないという方や日程が合わない方は、プライベートレッスンがお勧めです。ご興味のある方は、アンドビジョンカウンセラーまでお問い合わせください。

レッスンはちょっとまだ......という方は、聴講も可能です。自分で演奏するだけでなく、他の人のレッスンを見ることで、学べることは非常に数多くあります。事実、ヨーロッパでは多くの学生が聴講を通して勉強しています。他の多くの方の演奏を聴けるチャンスでもあり、いろいろな方のレッスンを通して、先生の教え方や人柄などもより理解できることでしょう。ピアノ以外の楽器の方も海外の授業の雰囲気を味わえますのでお気軽にご参加ください。海外の教授の教え方は日本とは全く異なります。特に「音楽をもっと楽しむ、表現する」という主眼が強いので教えるポイントも学生によって千差万別です。教え方のポイントが日本とどのように違うのかを肌で感じるのも、今後、留学やプロを目指している方は大きなポイントではないですか?日本では満足できない方も、留学を考えるいいきっかけになることでしょう。

イタリア留学、その他ヨーロッパ留学を考えている方は、日本にいたまま留学のトライアルとなります。ヨーロッパへの留学の可能性を考えてください。

日本にいながら、海外の先生に会えるのはなかなかない大チャンスです!
考えるだけでは、夢の扉は開きません。行動あるのみです。この機会をお見逃しなく!


■オンライン公開レッスンの募集詳細■


【日程】2022年1月11日(火)16:00~20:00
【場所】アンドビジョン・インターナショナル・ミュージック・スクール(AIMS・東京/御茶ノ水)
    ※ご自宅などからも受講/聴講のご参加が可能です。
【曲目】自由曲
【定員】最大4名限定
※外国語が苦手な方も安心の通訳付き!
※カウンセラーによるカウンセリングも可能!
※聴講(オンライン)のみの参加もOK!


■ 受講資格 ■

熱心ならどなたでも受講可能です。

■ 料金 ■

▼受講・オンライン
1回60分:30,000円 (33,000円税込)

▼聴講・来場/オンライン
1日聴講券:2,000円 (2,200円税込)

■ 料金に含むもの ■

▼レッスン受講
プライベートレッスン費、聴講費、カウンセリング費、セミナー費、通訳費、施設使用費およびシステム使用料

▼レッスン聴講
聴講費、カウンセリング費、セミナー費

■ 料金に含まないものの一部を明示 ■

練習室費、自由行動中の一切の個人的費用など

■ 料金・日程補足 ■

●事前にレッスン時間の調整をさせていただくことがあります。

■ 申込締切日 ■

定員になるまで
●申込締切日以前でも、定員になり次第締め切らせていただきます。
●申込締切日以降でも、コースに空きがある場合は申込み可能な場合がありますのでアンドビジョンカウンセラーまでお問い合わせください。

■ 注意事項 ■

●ご自宅で受講の場合、インターネットのスピードの影響を受ける場合がありますので予めご了承ください。
●アンドビジョンホール等、アンドビジョン内でレッスンを受講される場合、インターネット回線(LAN)、複数カメラの使用、大画面スクリーン/モニター、ミキサー、スピーカー、スタッフサポートなどがあります。
●曲目は2週間前までにお知らせください。
●講師用の楽譜を5日前までにご送付ください。
●ピアノ伴奏者が必要なレッスンの場合は、ご自身でご用意下さい。オプションでアンドビジョンでご用意する事も可能です。
●公開レッスンは、当社主催イベントとなります。レッスンの受講方法等、お客様のご希望がある場合はプライベートレッスンがお勧めです。
Please note that translations may not necessarily be accurate, as the translation is performed through an automatic translation service. The contents may also differ from the original Japanese website. We ask for your kind understanding in advance.