<募集中> クリスティアン・アルテンブルガー/オーストリア・ウィーン国立音楽大学教授/ヴァイオリンオンライン公開レッスン

適確な指導でプロ奏者を生み続けるウィーン国立音楽大学教授/2023年1月19日(木)最大3名限定

ウィーンフィル、ベルリンフィルなど名門オケ・巨匠指揮者との共演は数知れず、ドロシー・ディレイ流の教育でソリストやウィーンフィル、ミュンヘンフィルなどのオケ奏者を生み出す、ウィーン国立音楽大学教授。

オーストリア人ヴァイオリニスト、クリスティアン・アルテンブルガーは、ウィーンフィル・ヴァイオリニストで理事長を務めたアルフレッド・アルテンブルガーを父に持ち、ウィーン国立音楽大学で学んだ。卒業後、早くから将来を期待された彼は、16歳で、あのズービン・メータから推薦を受け、イツァーク・パールマン、五嶋みどりなどのヴァイオニストを育てた名教師ドロシー・ディレイに、ジュリアード音楽院で師事する。19歳でウィーン楽友協会を舞台にソリストとしてデビューすると、すぐに大きく羽ばたいた彼は、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団、ロンドン交響楽団、NHK交響楽団などのトップオーケストラや、彼に大きな影響を与えたズービン・メータを始め、クラウディオ・アバド、デニス・ラッセル・デイヴィス、ベルナルト・ハイティンクなど、常に巨匠達とも共演。その中の一人、ジェームズ・レヴァインとは、シカゴ響やウィーン・フィルで演奏を繰り返し、ラヴィニア音楽祭では室内楽の共同プロジェクトにも取り組んでいるほどだ。室内楽パートナーもブルーノ・カニーノ(Pf)、パトリック・デメンガ(Vc)など、名プレーヤーがずらり。演奏する以外も、音楽祭の芸術監督などを務めながら、ウィーン国立音楽大学教授として後進を育てる事にも余念がない。ドロシー・ディレイから「技術面や音楽面をはるかに超えた、生徒を一人の人間として受け入れる力」を受け継ぎ、生徒の個性を伸ばす。その結果、彼の門下からは、多数のソリストやウィーンフィルはじめとしたオケ奏者を生み出している。自分を否定せず大きく伸ばす、こんな先生から本当の自分の力を見いだしてみてはいかがだろう。



■ここで、大ニュース!
世界的名門校オーストリア・ウィーン国立音楽大学教授クリスティアン・アルテンブルガー先生のヴァイオリンオンライン公開レッスンが、2023年1月19日(木)に開催決定!

東京・御茶ノ水のアンドビジョンホールまたはお客様のご自宅等から限定人数で、クリスティアン・アルテンブルガー先生の直接指導を受けられます(オンライン聴講もあり)。オーストリア留学(ウィーン留学)で、ヴァイオリン留学を考えている方は、留学への足がかりを掴むことができます。留学先を決定する上で、ウィーン国立音楽大学教授のレッスンは一つの目安になることでしょう。教授は喜んで日本のみなさんと様々な音楽を共有したいと願っています。特別に年齢やレベルを問わず、どなたでも受講が可能です。特に「オーストリア留学(ウィーン留学)を考えている方」「コンクール・オーディション準備」「レベルアップ」「純粋に音楽が好きな方」などには最適でしょう!ぜひこの機会をお見逃しないように!時差の関係上、超・限定人数での開催です。
※レッスンを公開されたくないという方や日程が合わない方は、プライベートレッスンがお勧めです。ご興味のある方は、アンドビジョンカウンセラーまでお問い合わせください。

レッスンはちょっとまだ......という方は、聴講も可能です。自分で演奏するだけでなく、他の人のレッスンを見ることで、学べることは非常に数多くあります。事実、ヨーロッパでは多くの学生が聴講を通して勉強しています。他の多くの方の演奏を聴けるチャンスでもあり、いろいろな方のレッスンを通して、先生の教え方や人柄などもより理解できることでしょう。ヴァイオリン以外の楽器の方も海外の授業の雰囲気を味わえますのでお気軽にご参加ください。海外の教授の教え方は日本とは全く異なります。特に「音楽をもっと楽しむ、表現する」という主眼が強いので教えるポイントも学生によって千差万別です。教え方のポイントが日本とどのように違うのかを肌で感じるのも、今後、留学やプロを目指している方は大きなポイントではないですか?日本では満足できない方も、留学を考えるいいきっかけになることでしょう。

オーストリア留学(ウィーン留学)、その他ヨーロッパ留学を考えている方は、日本にいたまま留学のトライアルとなります。ヨーロッパへの留学の可能性を考えてください。

日本にいながら、海外の先生に会えるのはなかなかない大チャンスです!
考えるだけでは、夢の扉は開きません。行動あるのみです。この機会をお見逃しなく!


■オンライン公開レッスンの募集詳細■


【日程】2023年1月19日(木)17:00~20:00
【場所】アンドビジョン・インターナショナル・ミュージック・スクール(AIMS・東京/御茶ノ水)
    ※ご自宅などからも受講/聴講のご参加が可能です。
【曲目】自由曲
【定員】最大3名限定
※外国語が苦手な方も安心の通訳付き!
※カウンセラーによるカウンセリングも可能!
※聴講(オンライン)のみの参加もOK!


■ 受講資格 ■

熱心なら年齢やレベルを問わずどなたでも受講可能です。

■ 料金 ■

▼受講・オンライン
1回60分:35,000円 (38,500円税込)

▽オプション
伴奏費(60分):10,000円 (11,000円税込)

▼聴講・オンライン
1日聴講券:2,000円 (2,200円税込)

■ 料金に含むもの ■

▼レッスン受講
プライベートレッスン費、聴講費、カウンセリング費、セミナー費、通訳費、施設使用費およびシステム使用料

▼レッスン聴講
聴講費、カウンセリング費、セミナー費

■ 料金に含まないものの一部を明示 ■

ピアノ伴奏費、練習室費、自由行動中の一切の個人的費用など

■ 料金・日程補足 ■

●事前にレッスン時間の調整をさせていただくことがあります。

■ 申込締切日 ■

定員になるまで
●申込締切日以前でも、定員になり次第締め切らせていただきます。
●申込締切日以降でも、コースに空きがある場合は申込み可能な場合がありますのでアンドビジョンカウンセラーまでお問い合わせください。

■ 注意事項 ■

●ご自宅で受講の場合、インターネットのスピードの影響を受ける場合がありますので予めご了承ください。
●アンドビジョンホール等、アンドビジョン内でレッスンを受講される場合、インターネット回線(LAN)、複数カメラの使用、大画面スクリーン/モニター、ミキサー、スピーカー、スタッフサポートなどがあります。
●曲目は2週間前までにお知らせください。
●講師用の楽譜を5日前までにご送付ください。
●ピアノ伴奏者が必要なレッスンの場合は、ご自身でご用意下さい。オプションでアンドビジョンでご用意する事も可能です。
●公開レッスンでは、受講者氏名が文書で公開されることはございませんのでご安心ください。ただし、レッスン中に、先生が、お名前をお呼びになることがあります。
●公開レッスンは、当社主催イベントとなります。レッスンの受講方法等、お客様のご希望がある場合はプライベートレッスンがお勧めです。
Please note that translations may not necessarily be accurate, as the translation is performed through an automatic translation service. The contents may also differ from the original Japanese website. We ask for your kind understanding in advance.