鍵盤楽器のコース一覧

ピアノ、オルガン、チェンバロ、ピアノ伴奏、キーボード、アコーディオン、バンドネオン、フォルテピアノ、古楽器の各鍵盤楽器が学べる学校・コースをご紹介。弦楽器と並んで人気の鍵盤楽器は留学先も実に多彩です。

<オススメ> ピエール・レアク/フランス・エコールノルマル音楽院教授、パリ地方音楽院元教授&スペイン・カタルーニャ高等音楽院元教授/ピアノオンラインレッスン

アーティストとしての情熱を持ち続ける、フランス・エコールノルマル音楽院教授、パリ地方音楽院元教授&スペイン・カタルーニャ高等音楽院元教授

幅広いレパートリーを持ち、バッハ「ゴールドベルク変奏曲」では世界に知られるレアク教授が、技術と音楽の融合を教える。

ビリー・エイディ/フランス・スコラカントルム音楽院教授&パリ地方音楽院元教授/ピアノ公開レッスン(対面)

フランス(パリ)・スコラカントルム音楽院教授&フランス・パリ地方音楽院元教授ビリー・エイディのピアノ公開レッスン/2023年4月21日(金)〜2023年4月23日(日)東京・御茶ノ水で開講

フランス(パリ)・スコラ・カントルム音楽院の教授を務める。フランス近現代ものの上手さで知られるフランス人ピアニスト、ビリー・エイディが教える、本物のフランス流。

ピエール・レアク/フランス・パリ地方音楽院元教授&スペイン・カタルーニャ高等音楽院教授/ピアノ公開レッスン

フランス・パリ地方音楽院元教授で、現在スペイン・カタルーニャ高等音楽院ピエール・レアク教授のピアノオンライン公開レッスン/2020年12月6日(日)〜12月8日(火)

フランス留学やスペイン留学の可能性を手に入れよう!

アンヌ=リーズ・ガスタルディ/パリ国立高等音楽院・パリ地方音楽院教授/ピアノオンライン公開レッスン

子供教育にも定評がある、名門パリ国立高等音楽院の人気教授に習う。/2021年11月11日(木)限定4名

一流音楽家との協演や、他芸術とのコラボレーション経験が豊富な、アーティスティックなピアニストだから、あなたに秘められた才能をどんどん引き延ばす。

ヤン・ゴットリープ・イラチェック/オーストリア・ウィーン国立音楽大学教授/ピアノオンラインレッスン

新鮮な感性が魅力の、ウィーン国立音楽大学ピアノ演奏科教授。

多くのコンクール入賞歴とステージキャリアが認められ、若手ながら、名門ウィーン国立音大に教授として迎えられた大物に教わろう。

アレックス・アルグアシル/スペイン・リセウ高等音楽院教授/ピアノオンライン公開レッスン

今、スペインで最も注目を集めるピアニストの一人から、華麗な音楽を学ぼう/2024年2月15日(木)限定3名

スペイン国内のみならず、アメリカ、ヨーロッパ各地、日本の主要コンサートホールで演奏し、絶讃を集めるリセウ高等音楽院教授

イヴァン・ヤナコフ/国際的ピアニスト/ピアノオンライン公開レッスン

国際的ピアニスト、イヴァン・ヤナコフのピアノオンライン公開レッスン2024年5月27日(月)限定3名

アメリカで、ヨーロッパ、オセアニア、アジアの30か国以上で次々と活躍する、世界的ピアニストイヴァン・ヤナコフが、手にやさしい奏法を教授。

ディーナ・ヨッフェ/フレデリック・ショパン国際ピアノ・コンクール審査委員・ハンブルク音楽大学元教授/ピアノオンライン公開レッスン

フレデリック・ショパン国際ピアノ・コンクール審査委員によるピアノオンライン公開レッスン(特別クラス)〜9月21日(月・祝)〜9月22日(火・祝)

超限定人数のみ受講できるディーナ・ヨッフェ教授のピアノレッスン。ショパンコンクール参加の方や将来、目指している方には必須のピアノレッスンです。

ドミトリー・アレクセーエフ/ショパン国際ピアノ・コンクール審査委員&英国王立音楽大学教授/ピアノオンライン公開レッスン

第18回フレデリック・ショパン国際ピアノコンクール審査委員によるピアノオンライン公開レッスン/2024年6月10日(月)限定3名

ショパンコンクールなどピアノ国際コンクールを目指す方には必須のロシア人ピアニスト、ドミトリー・アレクセーエフ(英国王立音楽大学教授)によるピアノレッスン

コンスタンティン セミリャコフス/オーストリア・ウィーン国立音楽大学教授/ピアノオンライン公開レッスン

才能あふれるピアニスト・ウィーン国立音楽大学教授セミリャコフス教授のピアノオンライン公開レッスン/2024年2月14日(水)限定3名

演奏活動や教育に加え、音が色に見えるなどの共感覚現象や、音楽家の超自然的な勘についての研究も行っている教授に、まだ知らない「音」の世界を教わろう。

1 2 3 4 5
Please note that translations may not necessarily be accurate, as the translation is performed through an automatic translation service. The contents may also differ from the original Japanese website. We ask for your kind understanding in advance.