鍵盤楽器のコース一覧

ピアノ、オルガン、チェンバロ、ピアノ伴奏、キーボード、アコーディオン、バンドネオン、フォルテピアノ、古楽器の各鍵盤楽器が学べる学校・コースをご紹介。弦楽器と並んで人気の鍵盤楽器は留学先も実に多彩です。

ベルンハルト・パルツ/オーストリア・ウィーン市立音楽芸術大学教授/ピアノオンライン公開レッスン

ウィーン私立音楽芸術大学教授のフレッシュなレッスン/2024年1月18日(木)最大限定3名

ウィーンの誇るピアノメーカー、ベーゼンドルファー社公認アーティストでありウィーン私立音楽芸術大学のピアノ教授に学べば、本気のウィーン留学につながるに違いない。

セルゲイ・クドリャコフ/ロシア・チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院准教授/ピアノオンライン公開レッスン

名門ロシア・チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院准教授セルゲイ・クドリャコフ先生のピアノオンライン公開レッスン/2021年2月1日(月) 最大3名限定

ジュネーヴ国際音楽コンクールとゲザ・アンダ国際ピアノコンクールを制し、日本での活動も多い世界的ロシア人ピアニストに習おう!

コリン・ストーン/英国王立音楽院&英国王立ノーザン音楽大学教授/ピアノオンライン公開レッスン

評価の高いCDを次々と発表する、英国王立音楽院教授/2024年1月11日(木)限定3名

ソロはもちろん、トリオやコンチェルトでも第一線で活躍中のコリン・ストーンが、キミに足りないものを見極め、補ってくれる。

セルゲイ・クドリャコフ/ロシア・チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院准教授/ピアノオンラインレッスン

数々のコンクールを制し、知的で静かな情熱を燃やすモスクワ音楽院准教授

ジュネーヴ国際音楽コンクールとゲザ・アンダ国際ピアノコンクールを制し、日本での活動も多い世界的ロシア人ピアニストに習おう!

エフゲニー・シナイスキー/ドイツ・フォルクヴァング芸術大学&オーストリア・ウィーン私立音楽芸術大学教授/ピアノ伴奏・連弾・室内楽オンラインレッスン

何を修正するか、最初にしっかり伝達してから開始する、非常に分かりやすいレッスン!

ピアノ伴奏者として、室内楽奏者として、世界で活躍する「合わせる」レッスンが魅力の、フォルクヴァング芸術大学&ウィーン私立音楽芸術大学教授

ゲリット・ツィッターバルト/ドイツ・ハノーファー音楽大学元教授/ピアノオンライン公開レッスン

スカルラッティからシュトックハウゼンまで、何でも聞ける先生だ。/2024年5月17日(金)最大3名限定

世界50カ国1200回以上のコンサート経験があり、モーツァルト、ベートーヴェンなど30枚以上のCDアルバムを作ってきた幅広いレパートリーを持つ先生が、ぐっとよくなるピアノ奏法を伝授。フォルテピアノへの造詣も大変深いのが魅力。

ラムジ・ヤッサ/パリ・エコールノルマル音楽院教授/ピアノオンライン公開レッスン

エコール・ノルマル音楽院教授から教わる、ハイレベルの基本。/2023年5月10日(水)限定4名

多くの国際コンクールで審査員も務めるラムジ・ヤッサ教授が、演奏の全てをレベルアップできる、テクニックの核を教える。

ジャン=マルク・ルイサダ&ピエール・レアク/ピアノオンライン講習会(公開レッスン)

ジャン=マルク・ルイサダ&ピエール・レアク教授のピアノオンライン講習会(公開レッスン)/2020年11月9日(月)〜11月10日(火)

豊かな感情を誇るフランス人ピアニスト・ジャン=マルク・ルイサダ&ピエール・レアク先生が強力にタッグを組むピアノ講習会(公開レッスン)

アルベルト・ザスマン/オーストリア・ウィーン国立音楽大学教授/ピアノオンライン公開レッスン

現役ピアニストとして、ウィーン国立音楽大学教授として、世界を知るピアニストに習う/2024年5月24日(金)限定3名

生粋のオーストリア人として音楽を肌感覚で理解し、博士号を持つほど研究者としても音楽を理解しているウィーン国立音大教授から音楽とは何かを学ぼう!

ハンス・ペーター・ステンツル/ドイツ・シュトゥットガルト音楽大学&ロストック音楽大学教授/ピアノオンラインレッスン

ソロでも受講可、もしピアノ・デュオを組んでいるなら、世界一流のデュオに習おう。

ドイツの2つの音楽大学ピアノデュオ科の教授を務める世界のトップ・デュオ、ステンツル兄弟が、ピアノの極意を教える。

4 5 6 7 8
Please note that translations may not necessarily be accurate, as the translation is performed through an automatic translation service. The contents may also differ from the original Japanese website. We ask for your kind understanding in advance.