鍵盤楽器のコース一覧

ピアノ、オルガン、チェンバロ、ピアノ伴奏、キーボード、アコーディオン、バンドネオン、フォルテピアノ、古楽器の各鍵盤楽器が学べる学校・コースをご紹介。弦楽器と並んで人気の鍵盤楽器は留学先も実に多彩です。

ピオトル・オズコウスキー/ドイツ・デトモルト音楽大学教授/ピアノオンライン公開レッスン

ドイツ・デトモルト音楽大学教授ピオトル・オズコウスキー先生のピアノオンライン公開レッスン/2024年4月10日(水) 限定3名

ポーランドに生まれ、ベネズエラで育ち、アメリカとドイツで音楽の専門教育を受けたピアニスト。演奏と並行して教育活動にも長年積極的に取り組んでいる。

カルロ・バルザレッティ/イタリア州立ガッララーテ音楽院"ジャコモ・プッチーニ"校長/ピアノオンライン公開レッスン

イタリア複数の州立音楽院校長を歴任する、大御所ピアニストに学ぶ/2024年3月11日(月) 最大3名限定

肩から指先まで完全に脱力し、歌うように弾くテクニック。イタリアを代表する2つのピアノ流派を伝える数少ないピアニスト、バルザレッティのレッスン。

ピエール・レアク/フランス・エコールノルマル音楽院教授&スペイン・カタルーニャ高等音楽院教授、パリ地方音楽院元教授/ピアノオンライン公開レッスン

アーティストとしての情熱を持ち続ける、フランス・エコールノルマル音楽院教授&スペイン・カタルーニャ高等音楽院教授/2024年6月17日(月)最大3名限定

幅広いレパートリーを持ち、バッハ「ゴールドベルク変奏曲」では世界に知られるレアク教授が、技術と音楽の融合を教える。

ジャン=マリー・コテ/フランス・パリ地方音楽院教授&パリ国立高等音楽院元教授/ピアノソロ・ピアノ伴奏オンライン公開レッスン

日本人にも大人気のフランス・パリ地方音楽院教授&パリ国立高等音楽院元教授のピアノ・ピアノ伴奏レッスン/2024年5月13日(月)&15日(水)各日最大3名限定

名教師達に習い、次世代への教え方にも熟知している著名教授の元で、フランスのエスプリを取り入れて自分の演奏に生かしてみるのはいかがだろうか。

パトリック・ジグマノフスキー&中井恒仁/ピアノ講習会(公開レッスン)

エコールノルマル音楽院パトリック・ジグマノフスキー教授&桐朋学園大学・中井恒仁主任教授が強力なタッグを組む、オンライン&ライブのハイブリッドなピアノ講習会/第1期:2021年2月6日(土)~2月7日(日)|第2期:2021年2月23日(火・祝)~2月26日(金)

パトリック・ジグマノフスキー教授は、オンラインで、中井恒仁教授は、ライブ(対面)でピアノレッスン。コロナ禍だからフランス留学や日本の音楽大学進学を迷っている方へも朗報!もちろん進学を考えていない方も大歓迎です!

ラルカ・ヴァーゲンホイザー/ドイツ・トロシンゲン音楽大学教授/ピアノオンライン公開レッスン

ドイツ・トロシンゲン音楽大学教授ラルカ・ヴァーゲンホイザー先生のピアノオンライン公開レッスン/2024年3月25日(月) 限定3名

「ホロウィッツより誇張しすぎず、リパッティより色鮮やか」と評され、独自の音楽教育法で多くの生徒をプロに育てるドイツ・トロシンゲン音楽大学教授。

ドゥーニャ・ロボティ/ドイツ・ニュルンベルク音楽大学教授/ピアノ伴奏オンライン公開レッスン(弦楽器)

ドイツ・ニュルンベルク音楽大学教授ドゥーニャ・ロボティ先生のピアノ伴奏オンライン公開レッスン(器楽伴奏)/2021年4月11日(日)最大3名限定

名門オーケストラのオーディション器楽伴奏者としても活躍する、世界最高レベルのピアノ伴奏家に、音楽家としての本質を学ぶチャンス。

セルジオ・デ・シモーネ/イギリス・トリニティラバンコンセルヴァトワール大学主任教授/大学入試模擬試験&ピアノオンライン公開レッスン

【公式共催】トリニティラバンコンセルヴァトワール大学ピアノ科・入試模擬試験+ピアノ公開オンラインレッスン/2021年4月21日(水)最大3名限定

イギリス音楽留学を考えているなら今の実力をチェック!イギリス音大受験攻略のための「大学受験模擬試験+公開レッスン」、そして、大学スタッフによる学校説明会(質疑応答あり)もあります。

カレ・ランダル/ドイツ・カールスルーエ音楽大学教授/ピアノオンライン公開レッスン

飛び抜けた実績を持ち、素晴らしい人格で指導する圧巻のピアノレッスン/2023年2月22日(水) 最大3名限定

巨匠ネーメ・ヤルヴィと多くを共にし、ドイツで最も栄誉ある音楽賞エコー賞を受賞する、笑顔と包容力のあるカールスルーエ音楽大学教授のピアノレッスン。

7 8 9 10 11
Please note that translations may not necessarily be accurate, as the translation is performed through an automatic translation service. The contents may also differ from the original Japanese website. We ask for your kind understanding in advance.