ピアノ伴奏のコース一覧

日本はまだ一部の音大にあるだけですが、海外ではもはや当然のように伴奏科が存在し、優れた伴奏者を世に送り出しています。独奏とは違うスキルと、高度な音楽知識が要求される伴奏は、想像以上に奥の深い世界です。

<募集中> ローランド・クリューガー/ドイツ・ハノーファー音楽大学教授/ピアノ公開レッスン(対面)

憧れのドイツ名門校教授のピアノレッスン。/2023年4月1日(土)東京・御茶ノ水で開講

ピアノの名門校ハノーファー音楽大学で、名教師カール=ハインツ・ケマーリングから教育法を受け継ぎ発展させ、そして、多くの生徒をコンクールで入賞させる教授法が魅力のピアノレッスンだ。

<募集中> ドイツ国際ピアノアカデミー in Tokyo

ローランド・クリューガー&中井恒仁/ハノーファー音楽大学&桐朋学園大学主任教授/ピアノマスタークラス(対面)/2023年3月29日(水)~3月31日(金)

クラシック音楽を学ぶものなら、誰もが憧れる本場ドイツ。そのドイツが誇るピアノ教育の名門ハノーファー音楽大学と、日本が誇るピアノ教育の名門・桐朋学園大学の両主任教授によるレッスンで、次のステップがぐっと近づく。

<募集中> 池田珠代/フランス・パリ7区エリックサティ音楽院&パリ16区プーランク音楽院教授/ピアノオンライン公開レッスン

日本人の癖を知る先生だから、安心のレッスンだ。/2023年3月2日(木)限定3名

日本を飛び出し、フランスをエスプリを30年以上の長きにわたり吸収したピアニストだから分かる日本人の癖と、越えるべき壁。何が必要なのか、直接確認してみよう!パリ区立音楽院を目指す方にも朗報です。

<募集中・現地学校受験併用可> ビリー・エイディ/フランス・スコラカントルム音楽院教授&パリ地方音楽院元教授/ピアノ公開レッスン(対面)

フランス(パリ)・スコラカントルム音楽院教授&フランス・パリ地方音楽院元教授ビリー・エイディのピアノ公開レッスン/2023年4月21日(金)〜2023年4月23日(日)東京・御茶ノ水で開講

フランス(パリ)・スコラ・カントルム音楽院の教授を務める。フランス近現代ものの上手さで知られるフランス人ピアニスト、ビリー・エイディが教える、本物のフランス流。

エフゲニー・シナイスキー/ドイツ・フォルクヴァング芸術大学&オーストリア・ウィーン私立音楽芸術大学教授/ピアノ伴奏・連弾・室内楽オンラインレッスン

何を修正するか、最初にしっかり伝達してから開始する、非常に分かりやすいレッスン!

ピアノ伴奏者として、室内楽奏者として、世界で活躍する「合わせる」レッスンが魅力の、フォルクヴァング芸術大学&ウィーン私立音楽芸術大学教授

カルロ・バルザレッティ/イタリア州立ガッララーテ音楽院"ジャコモ・プッチーニ"校長/ピアノオンライン公開レッスン

イタリア複数の州立音楽院校長を歴任する、大御所ピアニストに学ぶ/2022年1月11日(火) 最大4名限定

肩から指先まで完全に脱力し、歌うように弾くテクニック。イタリアを代表する2つのピアノ流派を伝える数少ないピアニスト、バルザレッティのレッスン。

パトリック・ジグマノフスキー&中井恒仁/ピアノ講習会(公開レッスン)

エコールノルマル音楽院パトリック・ジグマノフスキー教授&桐朋学園大学・中井恒仁主任教授が強力なタッグを組む、オンライン&ライブのハイブリッドなピアノ講習会/第1期:2021年2月6日(土)~2月7日(日)|第2期:2021年2月23日(火・祝)~2月26日(金)

パトリック・ジグマノフスキー教授は、オンラインで、中井恒仁教授は、ライブ(対面)でピアノレッスン。コロナ禍だからフランス留学や日本の音楽大学進学を迷っている方へも朗報!もちろん進学を考えていない方も大歓迎です!

ドゥーニャ・ロボティ/ドイツ・ニュルンベルク音楽大学教授/ピアノ伴奏オンライン公開レッスン(弦楽器)

ドイツ・ニュルンベルク音楽大学教授ドゥーニャ・ロボティ先生のピアノ伴奏オンライン公開レッスン(器楽伴奏)/2021年4月11日(日)最大3名限定

名門オーケストラのオーディション器楽伴奏者としても活躍する、世界最高レベルのピアノ伴奏家に、音楽家としての本質を学ぶチャンス。

パトリック・ジグマノフスキー/フランス・エコールノルマル音楽院&エクス=アン=プロヴァンス音楽院教授/ピアノオンラインレッスン

繊細さと力強さを両立させる、エコールノルマル音楽院教授。

フランス流の洗練されたセンスを受け継ぎ、ドイツ流の演奏哲学を学んだパトリックは、独自のスタイルを持つ先生だ。

1 2 3 4
Please note that translations may not necessarily be accurate, as the translation is performed through an automatic translation service. The contents may also differ from the original Japanese website. We ask for your kind understanding in advance.