ピアノ伴奏のコース一覧

日本はまだ一部の音大にあるだけですが、海外ではもはや当然のように伴奏科が存在し、優れた伴奏者を世に送り出しています。独奏とは違うスキルと、高度な音楽知識が要求される伴奏は、想像以上に奥の深い世界です。

ビリー・エイディ/フランス・スコラ・カントルム音楽院教授&パリ地方音楽院元教授/ピアノオンラインレッスン

フランス(パリ)・スコラカントルム音楽院教授&フランス・パリ地方音楽院元教授ビリー・エイディのピアノオンラインレッスン

フランス近現代ものの上手さで知られるフランス人ピアニスト、ビリー・エイディが教える、本物のフランス流。

ドゥーニャ・ロボティ/ドイツ・ニュルンベルク音楽大学教授/ピアノ伴奏オンラインレッスン(弦楽器)

弦楽器伴奏のスペシャリストだから深い、本物の弦楽器ピアノ伴奏レッスン

名門オーケストラのオーディション器楽伴奏者としても活躍する、世界最高レベルのピアノ伴奏家に、音楽家としての本質を学ぶチャンス。

アレクサンダー・シュマルツ/ ドイツ・ライプツィヒ音楽大学教授/歌曲伴奏オンライン公開レッスン

歌曲伴奏スペシャリストのレッスンだ。/2022年5月27日(金)限定4名

現代最高ランクの歌手達が指名するその歌曲伴奏法。歌手に配慮しながら歌手と共に築き上げるその音楽は、メディアからも大絶賛。世界的にも珍しい、歌曲伴奏専門のライプツィヒ音楽大学教授に習ってその技術や音楽性、そしてマル秘事項を身につけよう!

アンヌ=リーズ・ガスタルディ/フランス・パリ国立高等音楽院&パリ地方音楽院教授/ピアノオンラインレッスン

子供教育にも定評がある、名門パリ国立高等音楽院の人気教授に習う。

一流音楽家との協演や、他芸術とのコラボレーション経験が豊富な、アーティスティックなピアニストだから、あなたに秘められた才能をどんどん引き延ばす。

デニス・サーモンド/アメリカ・南カリフォルニア大学&バークリー音楽大学元教授/ピアノオンライン公開レッスン

重さも軽さも知りつくした南カリフォルニア大学&バークリー音楽大学元教授に習う/2021年10月19日(火)限定3名

クラシック、ジャズ、ゴスペル、ポップス、電子音楽まで、多彩に活躍するサーモンド教授の、アメリカ流オープンマインドがいい。

クリストフ・トラクスラー/オーストリア・ウィーン国立音楽大学アシスタント教授/ピアノオンラインレッスン

ウィーンで最もホットなピアニストに習える大チャンス

ウィーンフィルとベルリンフィルメンバーと、最も将来を期待されるピアニスト、クリストフ・トラクスラーによるスーパーアンサンブル、フィルハーモニクス。そのエキサイティングな音楽と演奏を受け継いで自分のものにしよう!

トーマス ・カルダル/イタリア・コレペティトール&ボーカルコーチ&エストニア音楽アカデミー客員教授/ピアノ伴奏&声楽・ディクション公開レッスン

ミラノ・スカラ座などに出演する世界的歌手の準備を担当するコレペティが指導。/2022年3月22日(火)限定4名

ミラノ・スカラ座、ベルリン・ドイツ・オペラなどの世界的オペラ歌手の公演準備を担当するコレペティトール&ボーカルコーチが、歌手とピアノ伴奏者のためのレッスンを開始。7カ国語を話し、オペラ歌手でもあった彼は、ディクション指導までも行う。

マルクス・プラウゼ/オーストリア・ウィーン市立音楽芸術大学/ピアノオンライン公開レッスン

ウィーン古典派やバッハなどを得意とする、本場の先生に習う。/2022年11月15日(火)限定3名

ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルトなどウィーン伝統の作曲家を、ウィーンの空気感までも身にまとう、ウィーン出身のピアニストならではの視点でレッスンするから、「なるほど!」とよく理解できるはずだ。

デヴィッド・ヘイゼルタイン/アメリカ・ニューヨーク州立大学パーチェスカレッジ音楽院客員講師&バークリー音楽大学元准教授/ジャズピアノオンラインレッスン

現代ニューヨークを代表する、あのヘイゼルタインが教える。

CDでもお馴染み。歯切れのいいピアノでニューヨークのジャズシーンに新風を呼び、バークリー音楽大学でも教えたジャズピアニスト。

アレクサンダー・シュマルツ/ ドイツ・ライプツィヒ音楽大学ピアノ科主任教授/歌曲伴奏オンラインレッスン

歌曲伴奏スペシャリストのレッスンだ。

現代最高ランクの歌手達が指名するその歌曲伴奏法。歌手に配慮しながら歌手と共に築き上げるその音楽は、メディアからも大絶賛。世界的にも珍しい、歌曲伴奏専門のライプツィヒ音楽大学教授に習ってその技術や音楽性、そしてマル秘事項を身につけよう!

1 2 3 4
Please note that translations may not necessarily be accurate, as the translation is performed through an automatic translation service. The contents may also differ from the original Japanese website. We ask for your kind understanding in advance.