ファゴットのコース一覧

オーボエと同じく上下に組み合わされた2枚のリードによって音を出すダブルリード式の楽器で、別名「バスーン」とも呼ばれ、低音部を担当。さらに1オクターブ低い音を出すコントラファゴット(ダブルバスーン)も。

クリスティアン・クナート/ドイツ・ハンブルク音楽大学教授&ハンブルク・フィルハーモニー管弦楽団元首席/ファゴットオンラインレッスン

オケ奏者のノウハウを知るハンブルク音楽大学教授

ファゴットだけではなく、ピアノ、指揮まで音楽全般に精通している教授が教えるファゴット奏者としてのあり方。オーケストラや室内楽でファゴット奏者に求められる事とは?ドイツでオケ奏者になるポイントは?疑問をレッスンで聞いて見よう!

ギヨーム・サンタナ/ドイツ・ザール音楽大学教授&ザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団元首席/ファゴットオンライン公開レッスン

指揮者クラウディオ・アバドが認めるその音楽性を受け継いでみないか。/2024年6月17日(月)限定3名

ザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団、ルツェルン祝祭管弦楽団、モーツァルト管弦楽団、マーラー室内管弦楽団などで活躍する、現役ファゴット奏者から習う音楽的ヒントは、きっと一生ものになるはずだ。

フィリップ・トゥッツァー/オーストリア・アントンブルックナー私立音楽大学教授&ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団首席/ファゴットオンライン公開レッスン

ファゴットの名手から学ぶ、成功への近道/2024年6月21日(金)限定3名

ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団首席を務める彼は教育にも熱心で、アントンブルックナー私立音楽大学教授としてもお馴染みだ。豊かな経験と専門知識を受け継ぎ、音楽のキャリアを発展させよう!

シュテファン・トゥルノフスキー/オーストリア・ウィーン国立音楽大学教授&ウィーンフィルハーモニー管弦楽団元首席奏者/ファゴット公開レッスン(対面)

現役ウィーンフィルハーモニー管弦楽団奏者で元首席奏者で、オーストリア・ウィーン国立音楽大学教授に学ぶ/2024年2月14日(水)東京・御茶ノ水で開講

音楽の旅、プラハからウィーンへ。首席ファゴット奏者として輝かしいキャリアを積み、バロックの調べで心に響く。教育者としても後進に光を与える。

1 2
Please note that translations may not necessarily be accurate, as the translation is performed through an automatic translation service. The contents may also differ from the original Japanese website. We ask for your kind understanding in advance.