ファゴット教室/公開レッスン

音楽留学やコンクール準備などに最適。
海外の先生探しにも活用しよう!

海外音楽大学教授や海外オーケストラ奏者の公開レッスン/マスタークラスです。先生が来日して対面で開催する場合、海外と日本を繋いでオンラインで開催する場合があります。各回毎のイベントとして受講生または聴講生としてご参加が可能です。コースによりますが、一般的にレベルや年齢を問わず、どなたでも受講生としてご参加いただけます。日本語通訳付きなので、言葉に不安がある方にも安心です。
※オンライン開催は、来日されない先生方のレッスンを受講できる絶好のチャンスです。
※日本の音楽大学教授/元教授の公開レッスンもあります。
※遠方や感染予防など、ご自宅でのオンラインレッスン受講も大歓迎です。

●将来、音楽留学を予定されている方

先生探しに最適です。対面やオンラインを含め事前に様々な先生のレッスンを受けて、先生との相性を確認してください。優しい、厳しい、迫力満点、いつもニコニコなどの性格的な相性や、基礎からしっかり、基礎はなく音楽的な事だけなど先生によって考え方は本当にさまざま。事前に先生との相性をご確認ください。少しでも早く先生が決まれば試験に合う曲目選定などの事前準備もばっちり。早ければ早いほど受験合格に近くなりますよ!
※アンドビジョンと海外音楽大学/音楽院または教授との提携により、公開レッスンをそのまま受験に転用できるものがあります。コースタイトルに「募集中・現地学校受験併用可」の記載、および、本文中にその旨の記載がありますので進学をご希望の方は、この機会をぜひご利用ください!

●コンサート・コンクール準備やレベルアップなど

国際コンクールならではの、海外で認められる弾き方などや、いつもと異なる先生の違ったご意見など、ご自由にご活用ください。

オーボエと同じく上下に組み合わされた2枚のリードによって音を出すダブルリード式の楽器で、別名「バスーン」とも呼ばれ、低音部を担当。さらに1オクターブ低い音を出すコントラファゴット(ダブルバスーン)も。

<募集中> ピエール・マルテンス/ドイツ・リューベック音楽大学教授&バンベルク交響楽団元首席/ファゴットオンライン公開レッスン

ファゴットに恋に落ち情熱を注ぐリューベック音楽大学教授。

ドイツの名門バンベルク交響楽団で長く首席奏者を務め、現在多くの生徒をプロへ導くリューベック音楽大学教授。内に秘めた情熱をファゴットに注ぐ、その知識や技術、音楽性を受け継いでみよう!

<募集中> クリスティアン・クナート/ドイツ・ハンブルク音楽大学教授&ハンブルク・フィルハーモニー管弦楽団元首席/ファゴットオンライン公開レッスン

オケ奏者のノウハウを知るハンブルク音大教授/2021年8月5日(木)限定3名

ファゴットだけではなく、ピアノ、指揮まで音楽全般に精通している教授が教えるファゴット奏者としてのあり方。オーケストラや室内楽でファゴット奏者に求められる事とは?ドイツでオケ奏者になるポイントは?疑問をレッスンで聞いて見よう!

ハンノ・ドネヴェーグ/南西ドイツ放送交響楽団首席奏者/ファゴットオンライン公開レッスン

トップオケ・南西ドイツ放送交響楽団首席奏者ハンノ・ドネヴェーグ先生のファゴットオンライン公開レッスン/2021年4月22日(木)最大3名限定

世界のトップクラスを知る、南西ドイツ放送交響楽団のソロ・バスーン(ファゴット)奏者が教える、一流のテクニックと感性。

1