イタリア/海外音楽大学提携教授

芸術と情熱の国イタリア。留学生の大半はベルカント唱法を学びたい声楽の学生で、ピアノや古楽器を勉強しに来る人もいます。国立音楽院のほか、私立の音楽学校、マエストロによる個人レッスンと留学形態もさまざま。

マッシモ デ・ボンフィス先生

コンクール審査も多い、サンタチェチーリア音楽院元教授。

数多くの著名コンクールで審査するマッシモ・デ・ボンフィス教授から習う、フランス—ベルギー流。上位入賞だって夢じゃない。

イタリアで活躍してきた、サンタチェチーリア音楽院元教授。

イタリアを代表する名手たちから奏法を受け継いだファビオ・カマロータ。イタリアを中心に大活躍してきたベテランの教授だ。

ダニエラ ウッチェロ先生

テバルディ国際コンクールを主催する、ミラノ音楽院教授。

オペラの幅広いレパートリーを持ち、現代曲とドイツ・リートに精通したダニエラ・ウッチェロ教授が、プライベートで教える。

ロセッラ レドーリア先生

現役ソプラノとしても活躍する、ボローニャ歌劇場オペラ学校元教授。

ヴェルディやプッチーニのオペラの主役として、圧倒的な実力を見せるロッセラ・レドーリアは、知的な先生としても評判が高い。

アントニオ モスターチ先生

イタリアのメジャー・コンクールを制覇した、ボローニャ音楽院"ジョバン・マルティーニ"教授。

イタリアで超メジャーな4つのコンクールで優勝し、2つの国際コンクールでも入賞経験のある、現役チェリストに習う。

クラシックを越えて、音楽の冒険を続ける、チェロの革命家。

クラシックの演奏家としてはもちろん、ジャズ、ポップス、エスニックの分野でも世界的に活躍する、最先端チェリストだ。

あのアンドレア・ボチェッリを育てた、ミラノ音楽院元教授。

イタリアの一流歌劇場に、60以上の役柄で出演。テノール歌手としても、声楽教授としても、評価の高い先生だ。

サルヴァトーレ ダリオ スパノ先生

音楽的な誠実さと、豊かな音色を持つ、マントヴァ音楽院"ルーチョ・カンピアーニ"教授。

コンサートで、テレビ・ラジオで、CDで国際的に活躍を続け、9つ以上のピアノコンクールで審査員を務める実力者だ。

有名室内楽団で活躍するウィーン私立音楽芸術大学元教授に学ぶ

ウィーンを代表する室内楽団アルテンベルク・トリオで大活躍した人気バイオリン教授が、音楽哲学を交えながら、傑作を弾きこなすテクニックを伝授。

演奏でも指導でも経験豊かな、ガラミアンの愛弟子に習おう。

ソロで、アンサンブルで、オーケストラで、自由自在の活躍を続けながら、20年以上の指導経験を持つ国際的ヴァイオリニスト。

1 2 3
Please note that translations may not necessarily be accurate, as the translation is performed through an automatic translation service. The contents may also differ from the original Japanese website. We ask for your kind understanding in advance.