ピアノの海外音楽大学提携教授

クラシック、ジャズ、ポピュラー音楽。ピアノが学べる学校・コースは、数限りなくあります。留学先として自分の好きな国・地域を選ぶのはもちろんですが、師事したいと思う先生に出会えるかどうかが一番のポイント。

若い感性で、コンクールの入賞を重ねる実力派。

15歳からコンサート活動を続け、超絶テクニックだけでなく、解釈の素晴らしさでも数々の賞を受けているヴァーツラフ・マーハ。

フランティシェク マリー先生

プラハ芸術アカデミーで教える、ベテランに頼ろう。

プロとして40年以上も活躍し続け、ピアノ演奏の全てを知り尽くしたフランティシェク・マリーが、チェコ水準のレッスンを。

オリヴィエ ギャルドン先生

ロン=ティボーなど国際コンクール優勝者を育てる、経験豊富なフランス人ピアニスト

パリ地方音楽院やハノーファー音大で教鞭をとった、ステージ上で存在感抜群のカラフル&エレガントな音色を奏でるピアニストに習う

エドワード アウアー先生

「ショパンの通訳者」と称される名ピアニストに学ぶ、ピアノの真髄。

アメリカ初のショパン・コンクール入賞者として名を馳せた、ショパン演奏の大家。プライベートレッスンは、コンクールやオーディション対策にオススメ!

元・モスクワ音楽院の音感トレーニングのプロ。

世界的な名門校、ロシア・モスクワ音楽院の元教授であり、現在はスペイン・ルティエール音楽学校で教える、耳トレのエキスパート。

レーティー バラージュ先生

コンクール1位を獲らせる、若きリスト音楽院教授。

30代を超えても、伸び盛りのピアニスト、レーティー・バラージュ。国際コンクールに教え子を入賞させる指導力は、ベテランを凌ぐ。

ジェニー ショイフェレン先生

多芸多才なジェニーに習う、ひと味違ったピアノ。

クラシックのソロ演奏や室内楽、歌曲の伴奏はもちろん、シャンソンやキャバレー・ミュージックまで得意とする異色のピアニスト。

ワルター フライシュマン先生

生粋のウィーンスタイルを教える、元ウィーン国立音大教授。

ウィーンで学び、ウィーンで教鞭をとったフライシュマン教授は、存在そのものがウィーンスタイル。教える全てが本物だ。

アレキサンダー ロスラー先生

わかりやすく効果的なレッスンが魅力の、ウィーン国立音大教授。

ウィーン古典派からプロコフィエフ、ヤナーチェクまで、幅広いレパートリーを持つ教授が、曲の心をつかみ取るノウハウを教える。

パトリック ジグマノフスキー先生

繊細さと力強さを両立させる、エコールノルマル音楽院教授。

フランス流の洗練されたセンスを受け継ぎ、ドイツ流の演奏哲学を学んだパトリックは、独自のスタイルを持つ先生だ。

5 6 7 8 9