ピアノ教室/コース一覧

クラシック、ジャズ、ポピュラー音楽。ピアノが学べる学校・コースは、数限りなくあります。留学先として自分の好きな国・地域を選ぶのはもちろんですが、師事したいと思う先生に出会えるかどうかが一番のポイント。

<募集中> アレハンドロ・ゲベロヴィチ/オーストリア・ウィーン私立音楽芸術大学元教授/ピアノオンライン公開レッスン

重さをかけない、押しつけない。新しい奏法で生まれ変わろう。/2021年7月26日(月)最大3名限定!

ウィーンで実践されている新メソッドなら、痛くない、音色が豊かになる、自信が持てる。その上、練習時間が短縮できる。新しい奏法で生まれ変わろう。

<募集中> ピオトル・オズコウスキー/ドイツ・デトモルト音楽大学教授/ピアノオンライン公開レッスン

ドイツ・デトモルト音楽大学教授ピオトル・オズコウスキー先生のピアノオンライン公開レッスン/2021年5月19日(火) 限定1名

ポーランドに生まれ、ベネズエラで育ち、アメリカとドイツで音楽の専門教育を受けたピアニスト。演奏と並行して教育活動にも長年積極的に取り組んでいる。

<募集中> カルロ・バルザレッティ/ガッララーテ音楽院"ジャコモ・プッチーニ"教授・校長/ピアノオンライン公開レッスン

イタリアの複数の音楽院校長を歴任してきた、大御所ピアニストに学ぶ/2021年6月15日(火) 最大3名限定

肩から指先まで完全に脱力し、歌うように弾くテクニック。イタリアを代表する2つのピアノ流派を伝える数少ないピアニスト、バルザレッティのレッスン。

<募集中> ピエール・レアク/フランス・パリ地方音楽院元教授&スペイン・カタルーニャ高等音楽院教授/ピアノオンライン公開レッスン

フランス・パリ地方音楽院元教授で、現在スペイン・カタルーニャ高等音楽院ピエール・レアク教授のピアノオンライン公開レッスン/2021年6月3日(木)最大3名限定

幅広いレパートリーを持ち、バッハ「ゴールドベルク変奏曲」では世界に知られるレアク教授が、技術と音楽の融合を教える。

<募集中> ジャン=マリー・コテ/フランス・パリ地方音楽院教授/ピアノオンライン公開レッスン

フランス・パリ地方音楽院教授ジャン=マリー・コテ先生のピアノオンライン公開レッスン/2021年6月16日(水)最大3名限定

名教師達に習い、次世代への教え方にも熟知している著名教授の元で、フランスのエスプリを取り入れて自分の演奏に生かしてみるのはいかがだろうか。

<募集中> ラルカ・ヴァーゲンホイザー/ドイツ・トロシンゲン音楽大学教授/ピアノオンライン公開レッスン

ドイツ・トロシンゲン音楽大学教授ラルカ・ヴァーゲンホイザー先生のピアノオンライン公開レッスン/2021年7月16日(金)最大3名限定

「ホロウィッツより誇張しすぎず、リパッティより色鮮やか」と評され、独自の音楽教育法で多くの生徒をプロに育てるドイツ・トロシンゲン音楽大学教授。

<募集中> カレ・ランダル/ドイツ・カールスルーエ音楽大学教授/ピアノオンライン公開レッスン

ドイツ・カールスルーエ音楽大学教授カレ・ランダル先生のピアノオンライン公開レッスン/2021年5月19日(水) 最大3名限定

巨匠ネーメ・ヤルヴィと多くを共にし、ドイツで最も栄誉ある音楽賞エコー賞を受賞する、笑顔と包容力のあるカールスルーエ音楽大学教授のピアノレッスン。

<募集中> コンラート・マリア・エンゲル/ドイツ・ハンスアイスラー音楽大学教授/ピアノオンライン公開レッスン

「一緒に取り組もう!」生徒との相互理解を重視するピアノレッスン/2021年5月20日(木) 最大3名限定

「音楽だけを理解しようとするものは、音楽を理解できない」アイスラーの言葉をモットーに、天文学、視覚芸術、歴史、哲学、クラシックカーなど、あらゆる分野に興味を持ち、音楽の理解へ繋げるハンスアイスラー音楽大学教授のレッスンが魅力。

<募集中> ウラディスラフ・ブロネフェツキー/スペイン・カタルーニャ高等音楽院教授/ピアノオンライン公開レッスン

ヴィルサラーゼ譲りの深く繊細なアプローチと技巧で魅せるロシア人ピアニスト/2021年5月21日(金) 最大3名限定

活気に満ち溢れた街バルセロナ。頭上に広がる青空と明るい太陽の光、身も心も自然と開放される空気の中、学び突き詰めていく、正統派ロシアン・ピアニズム。

<募集中> ゴットフリート・ルエル/ドイツ・ニュルンベルク音楽大学教授/ピアノオンライン公開レッスン

現代音楽からクラシックまで教えるニュルンベルク音楽大学教授/2021年7月5日(月)〜2021年7月6日(火)各日限定3名

現代音楽集団「Neue Pegnitzschäfer」でピアニストを務め、伝統的なクラシック「アンサンブル・ヴァリアブレ」の創始者が教える、クラシックから現代音楽まで。ドイツ伝統から、今を生きる現代音楽までしっかりと修得してしまおう!

1 2 3 4