ベースの海外音楽大学教授オンラインレッスン/教授門下コース

オンラインなんて本当は考えられなかったのに、
やっぱり、オンライン受けて良かった。
先生の門下生になれた!

海外音楽大学/音楽院教授やヨーロッパ主要オーケストラ奏者など、本場ヨーロッパやアメリカ在住の先生によるオンラインレッスンです。公開レッスンを受けた方は、単発イベントの公開レッスンと比べて、レッスンの深さが実感できるはずです。

  • さまざまな先生を1〜2回ずつ受講して、先生の顔、雰囲気、教え方や相性などをチェックしてください。相性の合う先生を見つけたら、先生のクラス(門下)に移行する事が望ましいです。門下になったとしても他の先生のレッスン受講も可能です。
  • オンラインレッスンは、1ヶ月に2回、2ヶ月に1回、1週間に1回などご希望をお聞かせください。
  • アンドビジョン専用スタジオは、インターネット回線(LAN)、マイク、アンプ、スピーカー、ミキサー、映像スクリーン/モニター、ソフトウエアが完備され、スタッフがお客様をサポートいたします。
  • 遠方や感染予防など、ご自宅でのオンラインレッスン受講も大歓迎です。

●海外音楽大学/音楽院の受験準備オンラインレッスン

日本にいながら、お客様が希望する海外音楽大学/音楽院の先生と受験準備を行います。受験準備レッスンは、曲目の選定および受験までに曲を仕上げていきます。レッスン回数にもよりますが、一般的には、仕上げまでに最低でも3ヶ月程度、通常は6ヶ月以上が必要です。また、最終チェックは現地で生の音で、直接レッスンを受ける事が望ましいです。
  • 海外の音楽大学/音楽院の受験曲は、個別に指定されているわけではなく、時代毎などの大まかな指定が多く、教授との曲目選定は非常に重要です。例えば「この曲目だと、学士(バチェラー)でも弾くからマスター(修士)受験なら〜に変更するのはどうですか?」などが提案されます
  • 日本と同様、海外音楽大学/音楽院受験には、各音楽大学/音楽院所属の教授がそれぞれ詳しいです。
  • 先生は門下生に対して「合格するには?」を目的としてレッスンが行われますので、通常、合格率は上昇します。例えば「試験官は、この弾き方だとクラシックを知らないと思うから、修正しましょう」などの指摘が行われます。
  • レッスンの回数は、原則として「現時点から受験までの期間」「お客様の現時点のレベルと受験時に必要な合格レベル」を踏まえ、教授と話し合って決めてください。1年以上など期間が長ければ長いほど余裕を持って受験に臨めます。
  • CDやYoutubeなどで、演奏スタイルを確認することは可能ですが、レッスンを受講する事で先生との音楽的な相性や性格的な相性はもちろん、レッスンスタイルも分かり「この先生に付きたいな、習いたいな」と決めるきっかけとなります。
  • 事実として、合格実績が(当社スタッフが、びっくりするほど)抜群に出ています。詳細はアンドビジョンカウンセラーまでお問い合わせくださいませ!

  • ※アンドビジョン提携等の一部私立の学校は、門下コースのレッスンを提携校に入学するための受験とする事ができます(国公立は不可)。詳細は、アンドビジョンまでお問い合わせください。

●通常の音楽オンラインレッスン

コンクール準備、オーケストラオーディション準備、コンサート準備、日々のレベルアップ、ブラッシュアップ、趣味など、お客様の目的や目標に合わせてレッスンを受講してください。クラス生(門下生)だから、先生は、どこまでも親身になって目標達成まで真剣に努力してくれます。ぜひ先生と一緒に目標を目指してください。先生が来日する時は、門下生だから一番に相談に乗ってくれるはずです。

オンラインレッスン(音楽)について簡単にまとめておりますのでご一読ください!

クラシック以外のジャズや吹奏楽、ブルース、カントリー、フォーク、ロックなどポピュラー音楽では「ベース」と呼ばれ、ジャズや吹奏楽ではコントラバスが、ロックなどではエレクトリック・ベースが使われています。

1