作曲教室/海外音楽大学教授オンラインレッスン/教授門下コース

オンラインなんて本当は考えられなかったのに、
やっぱり、オンライン受けて良かった。
先生の門下生になれた!

海外音楽大学/音楽院教授やヨーロッパ主要オーケストラ奏者など、本場ヨーロッパやアメリカ在住の先生によるオンラインレッスンです。公開レッスンを受けた方は、単発イベントの公開レッスンと比べて、レッスンの深さが実感できるはずです。

  • さまざまな先生を1〜2回ずつ受講して、先生の顔、雰囲気、教え方や相性などをチェックしてください。相性の合う先生を見つけたら、先生のクラス(門下)に移行する事が望ましいです。門下になったとしても他の先生のレッスン受講も可能です。
  • オンラインレッスンは、1ヶ月に2回、2ヶ月に1回、1週間に1回などご希望をお聞かせください。
  • アンドビジョン専用スタジオは、インターネット回線(LAN)、マイク、アンプ、スピーカー、ミキサー、映像スクリーン/モニター、ソフトウエアが完備され、スタッフがお客様をサポートいたします。
  • 遠方や感染予防など、ご自宅でのオンラインレッスン受講も大歓迎です。

●海外音楽大学/音楽院の受験準備オンラインレッスン

日本にいながら、お客様が希望する海外音楽大学/音楽院の先生と受験準備を行います。受験準備レッスンは、曲目の選定および受験までに曲を仕上げていきます。レッスン回数にもよりますが、一般的には、仕上げまでに最低でも3ヶ月程度、通常は6ヶ月以上が必要です。また、最終チェックは現地で生の音で、直接レッスンを受ける事が望ましいです。
  • 海外の音楽大学/音楽院の受験曲は、個別に指定されているわけではなく、時代毎などの大まかな指定が多く、教授との曲目選定は非常に重要です。例えば「この曲目だと、学士(バチェラー)でも弾くからマスター(修士)受験なら〜に変更するのはどうですか?」などが提案されます
  • 日本と同様、海外音楽大学/音楽院受験には、各音楽大学/音楽院所属の教授がそれぞれ詳しいです。
  • 先生は門下生に対して「合格するには?」を目的としてレッスンが行われますので、通常、合格率は上昇します。例えば「試験官は、この弾き方だとクラシックを知らないと思うから、修正しましょう」などの指摘が行われます。
  • レッスンの回数は、原則として「現時点から受験までの期間」「お客様の現時点のレベルと受験時に必要な合格レベル」を踏まえ、教授と話し合って決めてください。1年以上など期間が長ければ長いほど余裕を持って受験に臨めます。

  • ※アンドビジョン提携等の一部私立の学校は、レッスンそのものを受験にできる場合があります(国公立は不可)。詳細は、アンドビジョンまでお問い合わせください。

●通常の音楽オンラインレッスン

コンクール準備、オーケストラオーディション準備、コンサート準備、日々のレベルアップ、ブラッシュアップ、趣味など、お客様の目的や目標に合わせてレッスンを受講してください。クラス生(門下生)だから、先生は、どこまでも親身になって目標達成まで真剣に努力してくれます。ぜひ先生と一緒に目標を目指してください。先生が来日する時は、門下生だから一番に相談に乗ってくれるはずです。

独学で学んで大成した作曲家もいますが、普通は音楽学校の作曲科で学んだり、学校に行かなくても、師匠や先生と呼ばれる人について学ぶ場合がほとんどです。クリエイティブな能力と同時に音楽理論の知識も必要です。

リヴィウ・マリネスク/アメリカ・カリフォルニア州立大学ノースリッジ校音楽学部主任教授&コルバーン・スクール教授/作曲オンラインレッスン

「真の表現力と魅力的なレトリック」と評されるカリフォルニア州立大学ノースリッジ校主任教授の作曲レッスン

世界中で演奏される彼の作品は、アコースティック楽器と電子音楽を組込み、バッハやモーツァルトを引用するなど、クラシックと現代音楽の架け橋だ。力のある教授に習って自分の作品を磨いてみよう!

カルロ・バルザレッティ/イタリア国立コモ音楽院ジュゼッペ・ヴェルディ校長/ピアノレッスン・作曲オンラインレッスン

伊・国立コモ音楽院校長&教授を務める、イタリアの大御所ピアニストに学ぶ。

肩から指先まで完全に脱力し、歌うように弾くテクニック。イタリアを代表する2つのピアノ流派を伝える数少ないピアニスト、バルザレッティのレッスン。

1