作曲の海外音楽大学提携教授

独学で学んで大成した作曲家もいますが、普通は音楽学校の作曲科で学んだり、学校に行かなくても、師匠や先生と呼ばれる人について学ぶ場合がほとんどです。クリエイティブな能力と同時に音楽理論の知識も必要です。

バークリー音楽大学映画音楽作曲学部初の女性チェアマン(学部長)

TV番組やコマーシャルなど、数多くの作曲を手がけ、国際賞も受賞するバークリー音楽大学教授に、エンターテイメント業界で生き抜く音楽性を学ぶ。

多くのコンクールを総なめにし、輝かしいキャリアを築き上げているピアニスト兼作曲家

ローマ法王に招待され、ウィーンフィルと演奏したこともある、当代きっての名ピアニスト兼作曲家によるプライベートレッスン。

映画音楽やテレビ番組、オンラインプロモーションなどのコマーシャルミュージック作曲家兼プロデューサー。

数多くの映像用楽曲やプロモーションミュージックを世に送り続ける、現役の人気作曲家兼プロデューサーに、現代音楽業界に通用するスキルを学ぼう

サウンドクリエーションの第一人者として、現代の音楽を創造する作曲家

サウンドクリエーターであり、作曲家、教師としても35年のキャリアを持つデニス・デュフール。第一線で現代音楽を牽引する先生に学ぶ、音の可能性。

イタリアの複数の音楽院校長を歴任してきた、大御所ピアニストに学ぶ。

肩から指先まで完全に脱力し、歌うように弾くテクニック。イタリアを代表する2つのピアノ流派を伝える数少ないピアニスト、バルザレッティのレッスン。

ヴォルフガング ハイニガー先生

インターメディアルな作曲を追求する、ハンス・アイスラー音楽大学教授。

インタラクティブ性と映像的なコンセプトを重視した音響パフォーマンスや、器楽曲、演劇・映画音楽などで活躍する現代作曲家だ。

アメリカで人気の教本を続々出版するギタリスト、シッドに習おう。

「新鮮なフレーズが次から次へと溢れ出る」と評されるシッドは、独自の指導法で人気を集める先生でもあるのだ。

名作CDを生んだ、ジャズインスティチュート・ベルリン教授。

国際的なヴァイブ/マリンバの名手、デビッド・フリードマンが、キミに、プライベートで教えてくれるのだ。

底知れぬ実力を持つ、ジャズインスティチュート・ベルリン講師

いくつもの自己グループやビッグバンドで活躍し、ドイツの有名音楽出版社によるジャズ教育プロジェクトにも協力している先生だ。

『ザ・クラリネット』誌に登場した、名手に習う。

ルガンスク音楽大学で教鞭をとる生粋のウィーンっ子、シュミット教授が教える、ソロ演奏とオーケストラプレイの秘訣。

1 2