サクソフォンの海外音楽大学提携教授

構造上は木管楽器のサックス。その音域によってソプラノ、アルト、テナー、バリトン、バスの5種類に分かれます。金管の華やかさと木管のやわらかさを併せ持ち、クラシックのほかジャズやポップスでよく使われます。

カルロス ロペス=レアル先生

柔軟な思考で、さまざまな分野とコラボレーションする、引く手あまたのサックスプレーヤー

ジャズサックス奏者、作曲者、教育者としての顔を持ち、さまざまな分野のプロフェッショナルと共に、新しい芸術を生み出し続ける新進気鋭のアーティスト。

型にはまらず独創的!クラシックもジャズも学んだ異色のサックス奏者

幅広い音楽性を武器に、ジャンルにとらわれず次々と活躍の場を広げるショウラキ。ボルドー音楽院教授の彼のレッスンを受けるために必要な資格は熱意だけ!

パリモーツァルト音楽院でサクソフォンを教えている教授に学ぶ

フランス音楽・芸術家協会の新人賞を獲得した、実力&実績にあふれるサクソフォン奏者。新しい世界を目指す、一歩先を行く音楽家を目指す方に最適。

セルジー・ポントワーズ地方音楽院の凄腕教授に学ぶサクソフォン

ベルリン・フィルにソロで招かれ、インディアナ大学客員教授も務める、人気&実力ともにNo.1の呼び声高い先生のレッスンを受ける、絶好の機会が到来。

底知れぬ実力を持つ、ジャズインスティチュート・ベルリン講師

いくつもの自己グループやビッグバンドで活躍し、ドイツの有名音楽出版社によるジャズ教育プロジェクトにも協力している先生だ。

最先端をいく、ジャズインスティチュート・ベルリン元講師。

ヨーロッパ・ジャズ界のメジャー都市ベルリンで、最先端をリードし続けてきたクリストフが、20年の指導経験に基づいて教える。

『ザ・クラリネット』誌に登場した、名手に習う。

ルガンスク音楽大学で教鞭をとる生粋のウィーンっ子、シュミット教授が教える、ソロ演奏とオーケストラプレイの秘訣。

ビンセント ハーリング先生

スピード感あふれる演奏が魅力の、パターソン大学教授。

ジャズの巨匠たちと数多く共演し、サイドマンとして200枚以上、リーダーとして14枚のCDを出す、人気サックス奏者に習う。

ミラノ音楽院教授が教える、イタリアン・ジャズのカッコよさ。

50枚近くものアルバムを発表し、栄誉あるフランスのジャンゴ賞をはじめ数多くの賞を受けた、イタリアの実力派サックス奏者だ。

マイルスと共演してきた、本物のトップに教わろう。

ジャズ界の頂点に立つアーティストたちと活動し、本物を知るリック・マギッツァが、ジャズの基本から応用まで指導する。

1 2