聴音・イヤートレーニングの海外音楽大学提携教授

聴音・イヤートレーニングは音楽を志す限り、最低限必要なスキルです。どこの国の音楽学校でも、必ずと言っていいほど必修科目のひとつとして定められ、音楽的才能というより、繰り返し訓練することで身に付きます。

プリンストン大学の講師に習い、オールジャンルのギターテクをマスター

世界で高い評価を得ている研究コースで有名な、ニューヨーク大学元教授はスケールが違う。即興や作曲も教えてくれるマルチなギタリストに学ぶ。

ハーグ王立音楽院の教授であり、カタルーニャ高等音楽院教授でもある

楽譜から作曲家の想いをどうやって読み取るか——それを専門に教え、名門2校に教授として迎えられている先生だ。

元・モスクワ音楽院の音感トレーニングのプロ。

世界的な名門校、ロシア・モスクワ音楽院の元教授であり、現在はスペイン・ルティエール音楽学校で教える、耳トレのエキスパート。

過激じゃないけど普通じゃない。マイルドな現代ジャズはいかが。

自己のバンドを率いて、現代ジャズの中央を行くマーク・モマースが、得意の変拍子とインプロヴィゼーションを教える。

1